劇団かすがいって?

”劇団かすがい”は、1970年に結成された”演劇集団かすがい”(兵庫県立尼崎高校定時制演劇部OB7人による)を母体とするアマチュア劇団です。

”かすがい”とは、広辞苑には、@建材の合わせ目をつなぎとめるために打ち込む両端の曲がった大釘。A両者の間をつなぎとめるもの。とあります。
地域に根をおろし、働き、学び、生活する人の立場に立って、自らを見つめ、世の中を見つめよう。舞台創造を通して、地域に、又多くの仲間に返していく。「この尼崎で、自分たちの街で」、地域の人々と結び合う”かすがい”となる集団。それが、”劇団かすがい”の目指すところです。
自主公演(年2〜3回)のほか、尼崎市演劇祭への参加、アルカイック創造ステージへの参加をはじめ、地域の行事、文化団体、民主団体との共同行事,協力活動などを行ってきました。

若者の生き方、公害問題、戦争と平和の問題、共働きと子育て等のシリアスなテーマを追求しつづけて、「乞食の歌」(旗揚げ公演)以来、民話、現代劇の既成の作品をはじめ「この街で今・・・」「戦争とTシャツ」など尼崎を舞台にした創作劇も上演。他に、創作小作品20本余。最近は、より多くの人にも楽しい芝居を・・・という方針で、ジェームス三木、井上ひさし、かたおかしろう氏の作品もよく取り上げています。